ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2007年10月の記事一覧
≪09month
This 2007.10 Month All
11month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイト…受かったよね? 
2007.10.05.Fri / 23:59 
皆さんこんばんは。特に何もしていないのに妙にPCの動きが重いです。
そろそろ中身の換え頃かしら?



いやぁちょっとばかり書いてませんでしたね。
大学が忙しいって程でもないんですが、かと言ってPCを点ける時間があるわけでもなし…
と言う訳で最近ネトゲもご無沙汰してます。

どうなんだろ?携帯からでも更新した方が良いのかな?
mixiの日記ならコピペしてちょっと内容変えて送信すればもうちょい更新頻度上がるけど…
欲を言うんだったらやっぱノートPCが欲しいなぁと…
部室族になってるので、部室で昼ご飯食べる事が多いんですが、ご飯食べたあと暇なので部室備え付けのゲームで遊んでるかマンガ読んでるかのどっちかが多いんですが、ここにノートPCがあれば何かゲーム入れて来たり、こういったブログの更新記事の下書きとか書けるのになぁ…とか思います。


さて、実は昨日、ヨドバシカメラのバイト面接に行って来ました。
11時45分からの面接だったので8時に起きれば大丈夫だろうと高を括って、8時に起きたら予想外に眠かったから8時半にアラームをセットしなおして再び惰眠を貪ったんですが…

気付いたら9時10分前。

やっちまったーとか思いながらまだ全然書いてない履歴書を書く事に。
30分くらいで終わるかなーとか思ってたら何時の間にか10時過ぎてやんの。あっはっは。

流石にヤバイので朝ご飯を食べず、とりあえず栄養ドリンクかっくらって家から出たのが10時20分過ぎ。
目的の電車は10時38分出。
一先ず走っていったら35分に着いて、あれ?って感じ。
まぁその後はとなりの兄さんによっかかられたりして何だかんだで大久保着。

歩いて7~8分だと言うので、とりあえず本部見てから時間あったらご飯買えばいいやーとか思ってたら本部目の前にローソンあったのでピザパンとツナマヨおにぎり食していざ出陣。

そして案外質素な入り口だなーと思って入ってみると警備員のおっちゃんが


ここ通用口だから正面玄関まで案内するね。


そりゃ通用口なら質素ですよねー。
んで正面玄関から入ってバイトの面接は椅子に座って待ってろやと紙があったので国会中継を5分ほど見てたら担当官に呼ばれたのでいざ面接開始ー

質問内容は…大学のうちが通ってるコースの事とかやってる楽器の事とか聞かれた。
なーんか…質問内容が思って他のとちがかったので面を食らったけど、当日の夕方に採用の電話が来ましたー

んで、配属予定場所は携帯

あー携帯フロアですかー欲を言うなれば一番行きたくなかった場所なんですねー
これから各キャリアが新製品出すわ料金体制変るわDQN多そうだわで大変そうじゃないですか…
自分が希望したのはPC関係だったんですが…まぁ仕方ないでしょう。

んで、バイト前に本部で研修があるらしいんですが…
その研修のことごとくが授業後直ぐで行けないという…
地元だったらちょっと厳しいかな?ってくらいの時間なんですが、流石に大久保まで行くと、間に合うはずが…

そこのところを伝えたらじゃあ行ける日程で調整するとの事。申し訳ない。
折り返し電話すると言われてから早30時間経過。
明日には…電話来るかなァ…正直明日でも良くなったんだけどな…


さて、ヴェートーヴェン作曲第九交響曲「運命」の演奏が残り2週間となりました。
私は今回オーケストラではなくて、第4楽章の「歓喜の歌」の方で出ます。
一応バスパートを担当してるんだけど…これバリトンの音域だよ…
てか2ヶ月くらい練習してねぇよ!!

その前に出られるのか!?
実は参加申込書未提出だから参加不可だよーん☆とか無いよね!?
あったら泣きますよ?
…まぁ…何とかなるでしょう…たぶん。

この演奏会が終わったら今度は学祭で、その後は12月の定演ダー!!
12月の第一週の土曜日が消防団音楽隊の定演で、翌週がオケの定演!!

やべぇwwww意外とハードスケジュールじゃね?wwww
しかもオケの方はまだ譜読みすらしてない曲あるしwwwww
まじ頑張んなきゃwwwwけど上唇の皮が剥けて肉が見えてますwwww
ちょっとしたもので沁みるぜwwwwしかし努力の証だと思うと不思議と頑張れる罠wwww
とりあえず第九は良いとして、ファゴットでまともに演奏するのは初めてと言っても良い、オケの定演は、一曲だけでも完璧にしたいな…

とりあえず、定演でやるエグモントと真昼の魔女は良い曲です。
最近クラシックを聴いても眠く無いのよねー
自分が関ってるって思うとやっぱりちゃんと聴ける様になります。
エグモントは殆どソロじゃね?って所もあるし、真昼に至ってはホントにソロがあるし!!

今まで打楽器をやって来て、大学から管楽器をやってるってのは珍しいと思う。
けど、両方やってると、両方の気持ちが分る。
今までは打楽器からの目線だったから、分らない事もあった。
今は両方の気持ちが分るからちょっと幸せw

今、自分はホント音楽漬けだなって思う。
毎日音楽の授業があるし、登下校は曲聴いてる。
練習してるのは打楽器、ファゴット、ピアノから声楽、合唱まで。
打楽器以外はまだまだ初心者だけど(打楽器も上手いとは言えないけどね)それでも新しい事、音楽をやってるのは楽しいって純粋に思う。

オケの先輩に良く音楽コースに入ったよなって前に言われた事がある。
自分としては自衛隊の音楽隊に入りたかったし、音楽コースに行くのは全然抵抗無かったんだけど、先輩は音楽で身を立てていくって言うのが怖かったから無理だったと言っていた。

確かに音楽で身を立てていくってのは大変だと思う。音大生だって職に困ってる。
そんな中、自分がどこまで出来るのか。そんなものはやってみなけりゃわからない。
もしかしたら音楽で喰って行けるかも知れない。けどダメかもしれない。
正直今のままの自分なら無理だと思う。

オケの楽器庫に卒業した先輩の残した寄せ書きが貼ってある。
その中のホルンの先輩が「努力は自分を裏切らない。努力した分だけ上手くなる」って感じの言葉を書いていた。
それを見た時、今はダメでも、この後の3年間弱、自分をどう変えれるか。
自分の性格はずぼらだから練習熱心とはお世辞にも言えない。言えないけど、何とかなるんじゃないかな?って楽観的な思いもある。
出来るところまではやってやろうじゃないか!!って感じです。周りの人と比べたら確かに俺の歩みは遅いかもしれない。けど、ゆっくりでも確実に歩いていけば何時か道が拓けると思う。
それがどんな結果であっても後悔はしない…と思う。
それまでにやって来た事の結果がそうなのだから。

それに、未来は誰にも分らない。過去は既に通ってきた道だし、分るのは「今」しかない。
なら今を精一杯生きることが出来たら、後悔もしないんじゃないかなって。
俺は音楽が好きだし、これからも好きでありたい。
自分で出してる音が、人に聴いてもらえる。そして共感してもらえる。それは幸せ。
そして思うことは「もっと聴いて貰いたい」「もっと自分の表現を的確に伝えたい」その思いが練習させているのかな…って思う。

中学高校の吹奏楽部で居たんだけど「人前で演奏するのは恥ずかしい」と言ってる人。
正直何でここに居るの?って思ってた。
うちらは人様に見て、聴いて頂いてナンボじゃないのかと。

確かに人前で演奏するのは恥ずかしい。失敗したら嫌だし、緊張から音が出ないかもしれない。
それってすっごく怖い。中学から吹奏楽を続けているけど、やっぱり演奏会は緊張する。

でも何時しかその緊張感が楽しくなってきた。
そして、失敗を恐れなくなった。恐れなくなったのは、高校の先輩と講師の先生の言葉を聞いてからかな。

高校時代、吹奏楽フェスティバルってのが12月にあって、それで合同バンドって言って、各校から有志を募って演奏する。それでたなばたのティンパニをやる事になって、緊張して、先輩にメール送ったら「とりあえず頑張れ!!んでいつもの練習みたくさ!!聞いてる人に伝わるくらい(笑)あ~、あとは悔いの残らないように!」と返って来た。
これの暫く後かな?悔いの残らないって意味がちゃんとわかったのは。

講師の先生がコンクール直前の合奏で「どう足掻いたって本番じゃ実力の5割も出ないんだから。だからいい演奏をする為には元を上げる事と本番で出せる量を上げる事。」
そう言った。

どうせ実力の半分出せれば良いのだったら、後悔するのが馬鹿らしくなるかなって。
如何に後悔しない演奏をするか。そう考え、自分なりに出した答えは失敗を恐れない事。
確かに今でも失敗すると舞台裏で「うわーあそこ失敗しちゃったぁぁぁぁ」って言うけど、それは後悔とは違う。
成功、失敗を問わず、その音自体が音楽となる。そう考えると失敗してもいいかなって思ってるw
そりゃ失敗しないで演奏することが一番だけど、人間だもの。失敗はする。
問題はその後。失敗したことを悔やむのか、それともそれをプラスに考えるか。
そして自分はプラスに捉えてる。失敗したら、次はもっと上手く演奏できる。と

だから今は音を「出す」って事自体が楽しい。だって自分で音を創れるんだよ?
すごいと思わない?そして一人でやるよりも二人、二人よりも四人。
数が多くなるほど、音は複雑に混ざり合い、音楽となる。
そうなると聴いてる人も楽しくなるし、演奏してる方も楽しくなる。

楽しいのにどうして後悔するのさ。皆と一緒に演奏してる。そう思うだけで気持ちいい。
妙な言い方だけど、快感を感じてる。

こう…体が疼くって言うか、本番前の舞台裏での緊張感、指揮が始まる直前の緊張感、自分が入る直前の緊張感。
全てが違う緊張感で、その違いを感じるのがまた楽しいんだな。
だから本番前とか泣きたくなる。決して悲しいとか出たくないとかの感情じゃなくて、強いて言えばうれしい…って言うのかな?その場面を思い返すだけでも涙が出てくる。

だから本番とかは人一倍動きたくなるし、動いてないと体がそわそわしてる。
動いてないと言葉に表せない思いが爆発しそうで。


なーんか…何書いてるのかわからなくなってきちゃったw
まぁ、こんな事を長々と書くんだから自分は音楽が好きなんだなァって思うw
そしてこれからも続けて行きたいと。

一つ、自分の目指しているモノがある。それは





自分と聴き手が共感出来、感動してもらえる演奏をする事。





これってすっごい難しいと思う。だけど、それを目指して行きたい。技術だけあっても人は感動はしない。技術だけは感動じゃなくて「驚嘆」だと思ってる。「驚嘆」から「感動」に上げるには、「心」が無いと無理だと思ってる。
逆に「心」だけでもダメだとは思ってるけどねw
だから、自分は聴いている人に感動してもらえる音を創りたい。
相手が気持ち良くなって貰えれば、こっちも嬉しくなるから。


と言ってる割には全然練習しない怠け者なんだけどねwwww
はい、精進しますw


しっかし長いな今日の記事wwww
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

柊

Author:柊
色々あって休学していた大学を復学し、だらだらと通っている20代の男でございます。

趣味は吹奏楽とオーケストラを少々。
楽器は打楽器とファゴットでございます。

多分このブログの更新は年に片手で数えられるくらいしか更新しないので、更新は期待しないでくださいませ。

メールフォーム
ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 Absently Present All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。